日本魚類学会編集委員会 日本魚類学会トップページ
学会について 委員会 お知らせ/情報 行事案内 出版物 お問合せ
Ichthyological Research投稿の手引き  
 
Ichthyological ResearchのInstructions for Authorsはシュプリンガー社のウェブサイトでご確認ください(右側の段,”Submission guidelines”).この様式に従っていない原稿は受け付けられませんのでご注意ください.投稿は,同じサイトの右側の段”Submit manuscript”からEditorial Manager TMによってウェブ上で行ってください.初めてご投稿されるときには,”Register Now”から新規ユーザー登録を行ってください.投稿に関して不明点や疑問点があれば,編集委員長(小北智之:kokita@agr.kyushu-u.ac.jp),または英文誌編集主任(松沼瑞樹:matsunuma@nara.kindai.ac.jp;中村洋平:ynakamura@kochi-u.ac.jp)までお問い合わせください.


原稿作成上の注意
  1. 総説,モノグラフ,本論文,短報の原稿の体裁
    総説(Review),モノグラフ(Monograph),本論文(Full paper)は350語,短報(Short report)は150語以内で要旨を作成し,3から5語のキーワードをつける.本文には原則としてIntroduction,Materials and methods,Results,Discussion,Acknowledgments,References,Tables,Figure legendsなどのセクションを設ける.必要に応じてResults and discussionなどのようにしてもよい.原則として総説とモノグラフは印刷時に45ページを,本論文は25ページを,短報その他は8ページを超えないこと(1ページで約6,200文字,1,000語が印刷される.目安として,Instructions for Authorsどおりに作成した本文原稿8ページと図表がそれぞれ2つで,4印刷ページ程度となる).

  2. News and Comments,Book Reviewの原稿の体裁
    要旨とキーワードは必要ない.Editorial Manager TMで要旨を入れる欄には”No abstract”などと記入しておく.本文にセクションは設けない.

  3. 和文要旨
    総説,モノグラフ,本論文,短報には和文要旨をつける.和文要旨は,原稿が受理されてから英文誌編集主任の指示に従って提出する.和文要旨の体裁は,魚類学会のウェブサイトから最新のものを参照のこと.

  4. 引用文献など
    Instructions for Authors,最新のIchthyological Researchを参照し,体裁を確認すること.特に,末尾のピリオドをつけない,本の引用には出版社の所在都市を入れる,ウェブサイトの引用では参照した日付を入れる,などに注意されたい.
    (例)
    ・論文の引用
    Takata Y, Sasaki K (2005) Branchial structures in the Gasterosteiformes, with special reference to myology and phylogenetic implications. Ichthyol Res 52:33-49
    ・電子媒体のみで出版されている論文の引用
    Leis JM, Hay AC, Trnski T (2005) In situ ontogeny of behaviour in pelagic larvae of three temperate, marine, demersal fishes. Mar Biol. doi 10.1007/s00227-005-0108-0
    ・本の一部の引用
    Kumazawa Y, Yamaguchi M, Nishida M (2000) Mitochondrial molecular clock and the origin of euteleostean biodiversity. In: Kato M (ed) The biology of biodiversity. Springer, Tokyo, pp 35-52
    ・本の引用
    Marshall NB (1979) Developments in deep-sea biology. Blandford, Poole
    ・ウェブの引用
    Eschmeyer WN (ed) (2014) Catalogue of fishes. Electronic version, updated 27 August 2014.
    http://research.calacademy.org/research/ichthyology/catalog/fishcatmain.asp. Accessed 1 September 2014


  5. 図は通常片段で幅80mm,1.5段で120mm,両段で150mmで印刷されるので,それに合わせて作図すること.受理の時点で下記の解像度になっていることが望ましい.
    a. カラー図・写真(RGB,各色8ビット=24ビット;印刷サイズでの解像度300-400dpi (=pixel/inch)以上,TIFF形式保存).
    b. 白黒写真・グレースケールのグラフや図(8ビット,印刷サイズでの解像度300-400dpi以上,TIFF形式保存).
    c. スケッチなどの手書き線画や白黒のグラフ(1ビット,印刷サイズでの解像度1,200dpi,TIFF形式保存).

  6. カラー印刷費
    全ての掲載論文において,冊子体(およびPDFファイル)のカラー印刷が無料で可能である.

  7. 別刷り
    受理後にシュプリンガー社から別途送られてくるメールの案内に従ってウェブサイトから注文すること.別刷り費は,シュプリンガー社から直接請求され,冊子体出版後に別刷りが連絡著者に送られる.

 
BACK