日本魚類学会学会賞選考委員会 日本魚類学会トップページ
学会賞募集  
 
2023年度「日本魚類学会賞・日本魚類学会論文賞・日本魚類学会奨励賞」候補者募集について
このたび,2023年度の学会賞の候補者を下記の要領で募集いたしますので,ご応募くださいますようご案内申し上げます.学会賞候補者の募集は本会「定款第4条」および「日本魚類学会学会賞規則」,「学会賞選考委員会の組織および運営細則」に基づいて行われるものであることを申し添えます.

2022年10月1日
日本魚類学会
会長 瀬能 宏

—記—

【応募資格】
1)
日本魚類学会賞:魚類学の分野において国内外で高い評価を受け,または魚類学の普及・啓発に多大な貢献をし,日本魚類学会の発展に大きく寄与した一般会員または外国会員.一般会員,外国会員からの自薦,他薦,および名誉会員からの他薦によって推薦されます.
2)
日本魚類学会論文賞:本学会が過去3年間に発行した学会誌(Ichthyological Researchおよび魚類学雑誌)に掲載された優れた論文の著者.ただし,少なくとも第一著者または責任著者が,一般会員,学生会員,外国会員,または名誉会員であることを条件とします.今回対象となる学会誌は,Ichthyological Researchでは67巻1号から69巻4号,魚類学雑誌では67巻1号から69巻2号です.一般会員,学生会員,外国会員,名誉会員からの自薦,他薦によって推薦されます.
3)
日本魚類学会奨励賞:優れた研究成果をあげ,魚類学の進歩に寄与し,将来の発展が期待される40歳未満の一般会員,学生会員,または外国会員(2022年12月31日現在).一般会員,学生会員,外国会員からの自薦,他薦,および名誉会員からの他薦によって推薦されます.
【選考の方法】
2022年度学会賞選考委員会により選考が行われ,2023年7月末日までに授賞候補者が理事会に報告されます.理事会はこれを審議のうえ,授賞者を決定します.
 
【応募方法】 

2022年12月23日までに,下記の書類の電子データ(word,pdf等)を電子メールの添付書類として担当理事宛に提出してください(ファイルサイズが10 MBを越える場合は分割して送付して下さい).自薦の場合は,推薦書に自薦理由をお書きください.応募書類は日本語または英語で作成してください.

1)
日本魚類学会賞
履歴書(A4版)
推薦書(A4版):他薦の場合は複数の推薦者が望ましい.
研究業績リスト(A4版):学会等での発表や講演は除く.学術論文と著書等に分け,学術論文は査読の有無で分ける.研究者以外は不要.
社会・教育活動リスト(A4版):社会貢献・教育活動や受賞歴,魚類学会等への貢献,その他特筆すべき事項を含める.
代表的な論文(5篇)あるいは社会貢献・教育活動に関した資料・著作物のpdfファイル.
応募者ならびに推薦者の連絡先
2)
日本魚類学会論文賞
論文のpdfファイル
論文要旨を盛り込んだ推薦書(A4版1枚)
応募者ならびに推薦者の連絡先
3)
日本魚類学会奨励賞
履歴書(A4版1枚)
推薦書(A4版1枚)
研究業績リスト(A4版):国内外の学会発表や招待講演を含める
社会・教育活動リスト(A4版):社会貢献・教育活動や受賞歴,魚類学会等への貢献,その他特筆すべき事項を含める
代表的な論文(5篇以内)のpdfファイル
応募者ならびに推薦者の連絡先
【付記】
副賞として,日本魚類学会奨励賞受賞者と日本魚類学会論文賞受賞者(各論文につき代表1名)は,2023年度年会の懇親会に無料で招待されます.さらに,奨励賞受賞者には5万円が贈呈されます.また,論文賞については,異なる分野の論文が複数選出される場合もあります.奨励賞受賞者には,2023年度年会において受賞講演を行っていただきます.会員の皆様,奮ってご応募ください.
 
【応募書類送付先】
日本魚類学会理事(学会賞担当) 木村清志
E-mail:kimura-s[a]bio.mie-u.ac.jp([a]を@に変更してください。)
〒514–8507 三重県津市栗真町屋町
三重大学大学院生物資源学研究科
 
BACK