日本魚類学会学会賞選考委員会 日本魚類学会トップページ
学会賞選考委員会の
概要
 
学会賞規則  
学会賞選考委員会の
組織および運営細則
 
学会賞募集  
これまでの受賞者  
日本魚類学会学会賞規則  
 
【総則】
第1条  日本魚類学会会則第2条に定めるところにより、本規則第3条に該当する者を表彰し、これに学会の賞を授与する。
【賞の種類】
第2条  賞は論文賞と奨励賞の2種とする。
【対象者】
第3条  賞の対象者は個人会員で、次の各項に掲げる者とする。
  1. 論文賞 本学会が過去3年間に発行した学会誌(Ichthyological Research および魚類学雑誌)に掲載された優れた論文の著者。ただし、少なくとも第一著者または責任著者が個人会員であることを条件とする。
  2. 奨励賞 優れた研究成果をあげ、魚類学の進歩に寄与し、将来の発展が期待される40才未満の者。
【選考の方法】
第4条  受賞者候補の選考は学会賞選考委員会で選考する。
【表彰の決定】
第5条  学会賞選考委員会は、受賞候補者を選定し、評議員会に報告する。評議員会はこれを審議の上受賞者を決定する。
【表彰の方法】
第6条  表彰は賞状と副賞の授与とし、総会において贈呈する。
【運   営】
第7条  学会賞選考委員会の組織と運営については、運営細則の定めるところによる。
【規則の改正】
第8条  本規則および運営細則の改正は評議員会の決議によらねばならない。
 
 (2001年1月1日施行、2004年9月24日改正、2007年10月5日改正、
2016年7月2日改正)
 
BACK