日本魚類学会 English
HOME 学会について 委員会 お知らせ/情報 行事案内 出版物 お問合せ
2016年度魚類学会公開シンポジウムのお知らせ  
市民公開講座のお知らせ
魚類にみる最新の外来種問題

ポスター(PDF)ダウンロード
要旨集(PDF)のダウンロード

開催日時: 2016年8月27日(土) 13:00-17:00
開催場所: 名城大学天白キャンパス(愛知県名古屋市)共通講義棟南102号室
アクセス: 名古屋市営地下鉄鶴舞線「塩釜口」駅下車.1番出口から徒歩5分
http://www.meijo-u.ac.jp/about/access/index.html
参加費: 無料(事前申し込み:不要)
主催: 日本魚類学会

 最新の環境省レッドリストには,淡水魚類(汽水魚類を含む)の全体のおよそ30%が絶滅のおそれのある種として掲載される状況にあり,魚食性外来魚などの移殖放流の広がりが,淡水魚類の多様性の喪失をもたらす主要因の一つとして,看過できない重要な問題となっている.特に,全国的に平野部の止水域を中心に定着したオオクチバス・ブルーギルは,在来の淡水魚類等に深刻な打撃を与えていることから,外来生物法施行時に特定外来生物に指定され,現在も新たな防除のための技術開発を含め,さまざまな取り組みがなされている.本公開講座は,水辺の自然や環境の問題に関心を持つ一般市民に対し,生物多様性を脅かす外来魚への対策の最新の状況・対策を紹介し,外来種問題への関心を深めてもらうことを目的とする.

プログラム

第一部 外来魚問題:最近の動向
講演1:外来生物法施行から10年,外来魚問題のいま:オオクチバスから
    ブラウントラウトへ
    中井克樹(琵琶湖博物館)
講演2:オオクチバス等の外来魚の新たな駆除方法の開発
    藤本泰文(宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団)
講演3:コイは外来魚か?最新のDNA研究から見えてきたこと
    馬渕浩司(東京大学大気海洋研究所)
講演4:世界ワースト外来種100のコイが在来生態系に及ぼす影響
    松崎慎一郎(国立環境研究所)
講演5:行政が取り組む外来種対策:福岡県の事例紹介
    中島 淳(福岡県保健環境研究所)
講演6:北アメリカに見る外来魚類の遊漁管理のあり方:日本の未来になりうるか?
    谷口義則(名城大学理工学部)
第二部 パネルディスカッション
コーディネーター:中井克樹(琵琶湖博物館)・谷口義則(名城大学)

問い合わせ:森 誠一(日本魚類学会自然保護委員会委員長)
〒503-8550 岐阜県大垣市北方町 5-50
岐阜経済大学地域連携推進センター
電話/FAX:0584-77-3511/0584-81-7807
電子メール smori@gifu-keizai.ac.jp

日本魚類学会会長 桑村哲生